MENU

赤みクレーターニキビ跡

ニキビぐらいで病院に行くなんて、と思っている人は多いようですが、成人してからできたニキビは思春期ニキビと違って治りにくく、放っておくと、ニキビ跡として残ってしまったり、クーデターになってしまうことがあります。

 

 

たかがニキビでも、早めに皮膚科に行くことをお勧めします。

 

 

また、ニキビ跡になってしまった場合皮膚科に行くと、外用薬が処方されます。

 

 

ニキビ跡の治療法で用いられる外用薬は大きく分類すると、抗生物質、ビタミン剤、角質剥離剤の3種類があります。

 

 

ニキビ跡の治療法で用いられる外用薬の抗生物質は、クリームタイプよりもローションタイプのものが効果が大きいようです。

 

 

また、抗生物質といってもさまざまな種類がありますが、中でもダラシンという抗生物質が特に効果が高いといわれており、多くの症状に用いられています。

 

 

ニキビの跡の治療法で用いられる外用薬のビタミン剤では、ビタミンC誘導体ローションが代表的です。

 

 

ビタミンC誘導体ローションは、ニキビ跡のできる原因となる色素沈着を改善し、皮脂分泌の抑制や炎症の抑制をする効果があり、ニキビのできにくい肌をつくり上げるのに効果が大きいようです。

 

 

ニキビの跡の治療法で用いられる外用薬の角質剥離剤は、表皮の角質を取り除いて毛穴の詰まりを改善し、乾燥を促す効果があります。

 

 

しかし、角質剥離剤は皮膚のバリア機能が低下するという副作用が出る場合もあるので、注意して利用するようにしましょう。

 

 

また、ニキビ跡の治療薬として、ケロコートという薬があります。

 

 

ケロコートを使ったニキビ跡の治療方法は、1日1回、ケロコートをニキビ跡に塗るだけでよいので大変簡単です。

 

 

ケロコートは、当初は医療用としてだけ使われてきましたが、最近では一般にも販売されるようになり、一般の方にも手軽に入手できるようになってきています。

 

 

ケロコートをニキビ跡に塗ると、肌の上に目に見えない層を形成してくれます。

 

 

ケロコートを使用することで、毛穴や肌を清潔に保ち、肌の表面が滑らかに形成されて丈夫な肌になるという効果があります。

 

 

また、にきび跡のデコボコが驚くほど綺麗に消えてしまいます。

 

 

ケロコートは、バクテリアを通さない壁を形成して、過度の免疫系反応を防ぎ、ニキビ跡を消す効果のある治療薬なのです。

 

 

ケロコートは、3種類のシリコンからできており、薬剤は含まれていません。

 

 

3種類のシリコンが目に見えない膜でニキビ跡を包み、肌呼吸を妨げずに治療を促進し、ニキビ跡を自然な肌状態へと回復させてくれます。

 

 

ケロコートは、ニキビ跡を消す効果が高い上に、皮膚機能に影響を与える添加物を一切含まない治療薬なので、安心して使用できます。

ニキビ跡&クレーター対策ランキング1位!
ニキビ跡&クレーター対策商品 ⇒「ニキビ跡&クレーター対策商品


赤みクレーターニキビ跡チェック

色素沈着ニキビ跡
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
ニキビ跡皮膚科
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
ニキビ跡市販
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
ニキビ跡男
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
黒いニキビ跡
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。