MENU

ニキビ跡皮膚科

皮膚科でのニキビ跡治療方法

 

 

赤みタイプ

ニキビができて6カ月以内のニキビ跡には、赤みに吸収される特性を持つレーザーであるVスターレーザーや、フォトシルクプラス、ピュアアクネス、クリアタッチという光治療器を使用します。
6カ月〜1年以上経過したニキビ跡には、コラーゲン産生作用を促すレーザーである、ヤグレーザーピーリングやフラクセルレーザーを使用します。

凸凹タイプ

凸凹のあるニキビ跡には、コラーゲン産生作用を促す治療を行います。その他に、ピーリングやコラーゲン注入を組み合わせて行うことで、しっかりと改善させます。

茶色タイプ

色素沈着になってしまったニキビ跡には、茶色がかった色味を薄くしていく治療を行います。また、美白剤などの院内処方薬や美白点滴を併用する場合もあります。

 

Vスターレーザー:赤みタイプのニキビ跡に効果的
Vスターレーザーは色素レーザーの治療機器で、赤み(酸化ヘモグロビン)に吸収される特性を持つレーザーを照射して、赤みを改善していきます。接触型冷却装置で皮膚表面を保護しながら治療を行うことが可能です。色素レーザーはさまざまな治療に対して、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の認可を得ており、ニキビ跡の治療にもその威力を発揮しています。


ニキビ跡皮膚科チェック

色素沈着ニキビ跡
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
赤みクレーターニキビ跡
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
ニキビ跡市販
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
ニキビ跡男
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
黒いニキビ跡
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。