MENU

ニキビ跡の赤みは色素沈着か!?

ニキビ・ニキビ跡の赤み
ニキビ跡の赤みについては、後で以下をご一読ください。より理想的な解消は赤みの状態でキレイになることで、さらに理想的なことはニキビがキレイに消えることです。もちろん「ニキビが出来なくなること」が最も重要です。

 

赤紫のニキビ跡
ニキビ跡の炎症が激しくなると、毛穴の組織が壊れて、周囲の組織や毛細血管が損傷し、血液がにじみます。この時血中のヘモグロビンが皮膚組織に残り、これが赤紫のニキビ跡になります。

 

血液が赤いのは、ヘモグロビンが血中の酸素と結合している状態です。酸素を組織に送り終えた血液は黒っぽく、これが皮膚を透かすと青っぽく見えます(太い静脈が青く見えるのはこのためです)。

 

この場合のニキビ跡の色素沈着は、ちょうど打ち身・内出血(関西では「あおたん」)と同じ状態なので、毛細血管の再生後、自然に代謝され解消されます(同じ部位でニキビをくり返さなければ)。

 

色素沈着のニキビ跡
上記のような状態が終わっても、茶褐色の色素沈着が残る場合もあります。これは表皮基底層という部分にある色素細胞(メラノサイト)が、色素を作ることで「残り」ます。

 

赤紫のニキビ跡は、上記のようにニキビをくり返さなければいいのですが、このニキビ跡は誤解も多くあり、解消法によっては悪化させているケースも多くあります。

ニキビ跡&クレーター対策ランキング1位!
ニキビ跡&クレーター対策商品 ⇒「ニキビ跡&クレーター対策商品


ニキビ跡の赤みは色素沈着か!?チェック

頬の赤み
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
オロナイン
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
隠す
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
洗顔
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
エステ
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
色素沈着治す方法
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
ニキビ跡赤みの化粧品
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
ニベア
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。
目薬
ニキビ跡の総合的な情報を掲載しています。